写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ホテル日航アリビラの中国料理「金紗沙」は9月7日〜23日、飲茶&中華バイキングにて沖縄の薬膳「アヒル汁」を提供する。

○「敬老の日 スペシャルランチウィーク」に、薬膳「アヒル汁」を提供

同ホテルでは、9月7日〜23日を「敬老の日 スペシャルランチウィーク」とし、ホテル館内の3レストランで特別ランチメニューを提供。中国料理「金紗沙」では、敬老の日にちなみ、利用者の健康を願って、広東風にアレンジした「アヒル汁」が登場する。

「アヒル汁」は、沖縄で昔から風邪や喘息に良いと言われ親しまれ、滋養強壮や薬膳として食されている。トッピングにはアヒル肉や島豆腐、沖縄で"長命草"と呼ばれる「サクナ」などを用意。「サクナ」は独特なほろ苦さと香りがあるセリ科の香味野菜で、カロテンやビタミンCなどが豊富に含まれ栄養価が高く、沖縄では古くから長寿につながる長命草として重宝されているという。

その他、中華バイキングには前菜や炒め物、デザートなどが約30種類そろい、皮からすべて手作りの点心約30種類はワゴンサービスで楽しめる。

また、長寿県沖縄に伝わる伝統料理は、同ホテルのカジュアルブッフェ「ハナハナ」と日本料理・琉球料理「佐和」でも味わえる。

なお期間中、小学生以上の人が4名以上の利用で65歳以上の人がいる場合、ランチが1名無料となる。また、家族での記念スナップとフォトカードをプレゼントする。

中国料理「金紗沙」の飲茶&中華バイキングは、平日11時30分〜14時、土・日・祝日11時30分〜15時。料金は、大人2,500円、小学生1,500円、幼児750円。場所は、ホテル日航アリビラ(沖縄県中頭郡読谷村字儀間600)。

(エボル)