写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本仙台支社・盛岡支社は、BRT(バス高速輸送システム)と沿線の復興のキャラクターの愛称が「おっぽくん」に決定したと発表した。6月13日から7月12日まで実施された愛称募集で寄せられた1,136件の応募の中から選ばれたとのこと。

ニホンリスをモチーフにしたこのキャラクターは、靴と大きな尻尾が特徴。軽快なフットワークで自由に駆け回るイメージと、誰にでも愛される親しみやすさを表現したという。8月3日から気仙沼線・大船渡線BRTに導入された専用ICカード乗車券「odeca」(オデカ)の表面にも描かれている。

選考委員会によると、「キャラクターのリスの外見の特徴である尻尾の大きさを素直に表現」していることが、愛称の決定理由だという。子供から年配者まで誰もが呼びやすい「おっぽ」のかわいらしい音に、大きな尻尾という特徴が込められているとした。 次点に当たる「優秀ネーミング」には、「りっ歩くん」と「ノリッス」の2点が選ばれた。

(佐々木康弘)