三井不動産、マレーシアのアウトレットモール事業拡大

写真拡大

 三井不動産は8月21日、マレーシア・クアラルンプール初の本格的アウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港(KLIA)」の計画概要を見直し、事業規模を拡大することを発表した。また同事業の共同パートナーであるMalaysia Airports Holdings Berhad(以下MAHB)と合弁契約を締結し、合弁会社MFMA DEVELOPMENT SDN.BHD(以下MFMA社)を設立。MFMA社への出資比率は三井不動産が70%、MAHBが30%となる。

三井不動産、マレーシアアウトレット事業拡大の画像を拡大

 計画概要の見直しは、マレーシアの今後の人口、富裕層、観光客の増加など、クアラルンプールの商圏変動を考慮して着手。空港ターミナルビルと当施設を結ぶシャトルバス運行のほか、施設内にチェックインカウンターやフライトの運行掲示板を設置するなど、利便性を向上させ、一層の集客を図る計画を立案した。具体的に第1期計画概要では、店舗面積を約19,800平方メートルから約25,000平方メートル、店舗数を約100店から約140店、オープンスケジュールを2014年から2015年初頭に変更。最終的な全体計画概要の店舗数も20店舗増やし、約260店舗の出店を予定している。なお、今後の事業推進は、MFMA社が行う。