写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大戸屋ホールディングスは21日、子会社が運営する定食店「大戸屋ごはん処」新宿靖国通り店(東京都・新宿区)で、漂白剤の希釈液をお茶と誤って提供したと発表した。

大戸屋ホールディングスによると、20日開店前の8:00頃、同店の従業員が茶渋の洗浄のため、給茶用の小型ポットに希釈した塩素系漂白剤を入れて店内に置いていたところ、14:00頃、他の従業員がそのまま来店客1人に提供した。その後、来店客は強い違和感を訴え、病院で診察を受けた結果、数日間の安静が必要と診断されたという。

今後は、食器・備品の殺菌・洗浄の作業手順の確認を行い、全店に周知徹底を図るとともに、営業時間中の食器やポットの漂白作業は行わないなど再発防止に取り組む。同社は「お客様および関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「今後はより厳格な再発防止策を講じ、同種の問題の発生を防止できるよう努めて参ります」とコメントしている。

(御木本千春)