「ヱヴァ新劇場版:Q」一番くじに、フィギュア中心に全9等級用意。

写真拡大

バンプレストは9月中旬から、“ハズレなしのキャラクターくじ”一番くじの最新作として、「一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を展開する。販売ルートはローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、書店など(一部取り扱いのない店舗、発売時期の異なる店舗もあり)。価格は1回700円(税込み)。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は未曾有の大災害“セカンドインパクト”後の世界を舞台に、決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵“使徒”との戦いを描いたテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年から1996年放送)を、新時代にふさわしい新たな解釈とストーリーで再構築した作品。その第3作にあたる「新劇場版:Q」は2012年11月17日に公開された。

そんな「新劇場版:Q」を題材にした今回の一番くじは、9等級全20種類+ラストワン賞のラインアップ。A賞では、ついに「碇シンジ」がフィギュアとなって“一番くじ”に初登場し、B賞〜E賞も「渚カヲル」「アヤナミレイ(仮称)」「真希波・マリ・イラストリアス」「式波・アスカ・ラングレー」と人気キャラクターたちが劇中の新プラグスーツ姿のフィギュアで登場する。そのほか大迫力の「エヴァンゲリオン」の精密フィギュアや劇中シーンをそのまま切り取ったかのようなビネットフィギュアなど、作品の世界観が溢れるアイテムがズラリと揃った。

A賞は「新劇場版:Q」の新プラグスーツを着用し、秘めたる熱さを醸し出すポージングの全高約19センチの「碇シンジフィギュア」(全1種)。B賞は女性ファンの人気が高いキャラを劇中の新しい髪型そのままに再現した立体化した全高約19.5センチの「渚カヲルフィギュア」(全1種)。

C賞はその謎に満ちた空気感を余すところなくフィギュアに込めた全高約19センチの「アヤナミレイ(仮称)フィギュア」(全1種)。以前の「綾波レイ」との雰囲気の違いにも注目だ。

D賞は新プラグスーツとメガネの新要素満載で立体化した全高約19.5センチの「真希波・マリ・イラストリアスフィギュア」(全1種)、E賞は勝気な雰囲気を醸し出し、堂々としたポーズで立体化した、全高約19センチの「式波・アスカ・ラングレーフィギュア」(全1種)。

E賞は劇中カットを使用し、各キャラクターのコンセプトをかたちにした高級感あふれるノート(全3種)、G賞はシンプルなデザインのおしゃれなステンレスカップ(全2種)。

H賞は大迫力の「ヴンダー」をはじめ、各「エヴァンゲリオン」を精密にフィギュア化した「インパクトコレクション」(全5種)。机の上でも飾りやすいコンパクトなサイズだ。

I賞は劇中シーンを切り取ったかのような、イマジネーション溢れるビネットフィギュア「シチュエーションビネット」(全5種)。「碇シンジ」と「渚カヲル」を並べて飾ると、連弾シーンの再現もできる。

また、最後のくじを引くとその場でもらえるラストワン賞として、B賞「渚カヲルフィギュア」とは雰囲気が異なる、誘うようなポージングの「渚カヲルフィギュア ラストワンver.」(全1種)を用意。さらにくじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーンとして、E賞「式波・アスカ・ラングレー」をスペシャルカラー仕様に仕上げたver.が100人に当たる。

多彩なアイテムが揃った「一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。エヴァファンは要チェックの一番くじとなりそうだ。