新スーパーマンに1500人熱狂、主演のヘンリー・カビルらが来日。

写真拡大

8月30日より全国公開される“新スーパーマン”こと映画「マン・オブ・スティール」のジャパンプレミアが8月21日、東京・六本木で行われ、新スーパーマンを演じた主演のヘンリー・カビル、ザック・スナイダー監督、その妻にしてプロデューサーのデボラ・スナイダー、クリストファー・ノーランと「ダークナイト」シリーズを手掛けたプロデューサーのチャールズ・ローブンの4人が登場した。

キャストの到着を前にプレミアに招待された、水泳の入江陵介選手や叶姉妹らが六本木ヒルズアリーナに向かって敷かれたレッドカーペットに登場すると、会場のファン1,500人の熱気はこの夏の暑さを吹き飛ばすほどの勢いに。

そして主演のヘンリー・カビルが登場すると、そのボルテージは最高潮に達し、ファンから巻き起こった拍手と大歓声は、つい先程までの雷雨がウソのように夜空にどこまでも大きく響き、新たなスーパーマンの誕生をここ日本でも祝福するかのような光景となった。

舞台に登壇したザック・スナイダー監督は、ファンに向けて「日本のファンが世界でベストだということはみんなが知っている」とコメント。ファンを代表して、MCが「新スーパーマンの監督に指名された時の気持ちは?」と質問すると、監督は「ポテンシャルに見合うだけの作品が作れるのかナーバスになった瞬間もありました。ただ、作品を観ていただければ日本の映画やアニメに影響を受けていることが、わかっていただけると思うのでその部分も観て下さい」と、親日家としての一面も覗かせた。

続いて主演ヘンリー・カビルは「ワールドツアー最終地を日本で迎えられてうれしい。楽しんで作ったのでみんなにも楽しんでもらいたい」とコメントし、世界中での大ヒットを感謝しながら、3月に初来日を果たしている彼は、もう一度日本へ戻ってきた喜びを語った。

日本のファンに向けては「歴史あるスーパーマンという作品の中で出生の話や、始まりの物語を演じることの出来る立場にあることを感謝しています。そして日本の皆さんにはぜひ楽しんでいただきたい。アリガトウゴザイマス(日本語)」とスーパーマンらしく紳士的な口調で語ると、会場からは暖かい拍手が贈られた。

映画「マン・オブ・スティール」は8月30日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。