写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、2012年10月よりスタートさせたデジタルカードゲーム『データカードダス アイカツ!』の新シリーズ「2014シリーズ 第1弾」を、10月から順次稼働させていくことを発表した。

『データカードダス アイカツ!』は、カードからデータを読み込んで憧れのアイドル活動を体験できるデジタルカードゲーム。現在発売中の「データカードダス アイカツ!オフィシャルICカードセット」(630円)でさまざまなパーツを組み合わせてオリジナルのマイキャラクターを作り、カードに描かれたファッションアイテムを組み合わせてセルフプロデュースを行い「オーディションバトル」にチャレンジしていく。バトルの結果に応じてファン数が増減し、その結果はICカードに記録。遊んだ翌日には公式ホームページの全国ランキングに結果が反映されて、トップアイドルを目指していく過程が体感できることもあり、7〜9歳の女の子を中心に人気を博している。稼働してから約10カ月でカードの累計出荷枚数が約4,000万枚、登録プレイヤー数が50万人を突破し、『日経トレンディ』の「2013年 上半期ヒット商品ベスト30」では16位にランクインする大ヒット商品となる。

今回の新シリーズには、現在テレビ東京系で放送中のTVアニメ『アイカツ!』に登場するスターライト学園の「星宮いちご」「霧矢あおい」「紫吹蘭」に加え、新学園ドリームアカデミーの「音城セイラ」「冴草きい」といった新キャラクターも続々登場。もちろん新キャラクターに合わせたブランド、星座をテーマにした「星座ドレス」なども予定されている。

本ゲームは、カード1枚100円(1プレイ)で稼働中。「2014シリーズ 第1弾」は、10月より全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売場、アミューズメント施設に順次設置。また、本ゲームのスペシャルコラボパートナーには、小学生の女の子から圧倒的な支持を得るAKB48チームBの島崎遥香を起用。今後はCMなどのプロモーションやさまざまなコラボレーション企画が展開されるという。

(C)SUNRISE/BANDAI,DENTSU,TV TOKYO (C)BANDAI