話は二人の子ども時代から互いに不動産投資を始めたことで分かった話まで広がっていきました

写真拡大

新米大家のレッド吉田さんが、百戦錬磨の先輩投資家から、賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回のゲストは、平均利回り20%という高利回り中古アパートへの投資を軸に、約3800万円の家賃収入を得る石原博光さんです。起業家、そして著述家としても活躍する石原さんに、叶えられない夢はない?! 石原さんの次の夢やお金を稼ぐためのゲン担ぎまで幅広く語り合った対談の第2弾。

プチバブルだったレッドさんの子ども時代

レッド吉田さん(以下、レッド) 石原さんはバブル時代って経験していますか? あの頃って、今思うとすごい時代でしたよね。

石原博光さん(以下、石原) 僕は71年生まれなのでバブル期は学生でしたが、周りにすごいお金持ちがゴロゴロいましたね。身近なところでは、高校生なのに金のロレックスをしている奴がいて、彼の小遣いはなんと一日1万円! うらやましかったな〜。レッドさんはバブルの思い出ってありますか?

レッド うちは親父がバブル直前にリストラにあって、家の中は暗い雰囲気だったんです(笑)。でも、住宅ローンを返すために母親がお好み焼き屋を始めたら、それが予想外の大ヒット! 一階の一部を改造した7坪くらいの店なのに、一日に15万円も売れて、そのときは我が家もプチバブル状態でした。

石原 それはすごいですね。月に20日営業したら、300万円じゃないですか!バブルの初期だから、時期がよかったんですね。あ、すみません、味がよかったんですね(笑)

レッド 京都で3本の指に入るくらい愛想の悪い店だったんですが、朝の5時まで開いていたので、祇園で飲んだ人たちを、タクシーの運転手さんが連れてきてくれたんです。その頃は、お袋の財布の中をのぞくのが楽しかったですね。

石原 お母さんの財布から、ちょっとは抜いたりして?(笑)

レッド 石原さん、人聞きが悪いこと言わないでくださいよ。ちょっとだけですよ!!(笑) でも、そのおかげで兄弟3人、私立の高校に通って、僕は大学にも進学させてもらいました。親父は月給15万円くらいだったと思うので、本当にお袋のおかげなんです。住宅ローンも一年で完済したんですよ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)