【うちの本棚】178回 魔女っ子メグちゃん/池原しげと

「うちの本棚」、アニメ作品のコミカライズを取り上げてきたシリーズも今回でいったん終了。最後にご紹介するのは,池原しげとの『魔女っ子メグちゃん』です。

最初の単行本「てんとう虫コミックス」版はプレミアのつく希少本でしたが、その単行本の内容に加え、未収録だったものを全て収録したのが、ご紹介する「イースト・プレス」版でした。

【関連:番外編 筆者のカオス本棚を初公開】

魔女っ子メグちゃん


本書はテレビアニメ『魔女っ子メグちゃん』の放映に合わせて、主に小学館の学年誌に連載された池原しげとによるコミカライズ作品を完全収録したものである。
1975年に1冊だけ刊行されたてんとう虫コミックス版はその後古書価格が高騰し、本書の帯では「一冊20万円以上」とも記されている。そんなてんとう虫コミックスの内容を完全収録した上に、これまで単行本未収録だったものをすべて詰め込んだ、ファン待望の一冊だった。

ちなみに、てんとう虫コミックスは小学館の発行であり、主に学年誌に掲載された作品を刊行するシリーズであったが、この『魔女っ子メグちゃん』は潮出版発行の「希望の友」に連載されたものをまとめている。
学年誌版は、主に低学年向けの内容になっていて、カタカナにもひらがなのルビがふられていたりするが、それまで読むことの出来なかったものがこうしてまとめられたのは「事件」と言ってもいいくらいの印象があった。
この作品の人気の高さは、主にアニメ作品の影響ではあるのだが、気軽に読めないという状況もそれに拍車をかけていたといえるだろう。

それにしても、同じ作者が同じ作品を4誌に連載していたというのは、なかなかすごいことである。それぞれ月刊誌であるからその月に放映されるアニメ版のエピソードを網羅できたのではないだろうか。

アニメ版ではキャラクター設定と作画監督を務めた荒木伸吾が、メグに、その前に担当していたキューティーハニーがダブったと言い、声を担当した吉田理保子は、そのあとに担当した『グレンダイザー』のマリアにメグがだぶったという。

本書も刊行からすでに十年以上が経過しており、こちらもプレミアがつくようになっているかもしれない。
そうそう、個人的にはメグよりノンが好きでした。

書 名/魔女っ子メグちゃん
著者名/池原しげと
出版元/イースト・プレス
判 型/B6判
定 価/1900円
シリーズ名/なし
初版発行日/2001年4月1日
収録作品/てんとう虫コミックス版、希望の友版、小学一年生版、小学三年生版、小学四年生版、描き下ろし短編

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/