弾きが良く飛びも良いニュードラーバーで優勝を狙う!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<関西オープン 事前情報◇21日◇オリムピックゴルフ倶楽部(7,298ヤード・パー72)>
 約1か月半のオープンウィークを経て、国内男子ツアー後半戦がいよいよスタート。関西ゴルフ連盟主催の「関西オープン」が、兵庫県にあるオリムピックゴルフ倶楽部を舞台に22日(木)から開幕する。来季の米ツアーシードを獲得して日本に凱旋帰国した松山英樹、昨年の賞金王・藤田寛之が欠場する中、前半戦怪我のため不振が続いた池田勇太が後半戦のスタートダッシュへ意気込んでいる。
松山英樹、わずか7試合で米ツアーシード獲得!
 春先に痛めた背中の故障が響いて、賞金ランキングはここまで62位と低迷。ベストフィニッシュも国内開幕に先駆けて行われたアジアでのインドネシア選手権の7位タイと選手会長としてプレーでは存在感を示すことができていないのが現状だ。それでもこのオフはコンディションを整えるとともに熊本の玉名CCでゴルフ合宿も慣行。ベストパフォーマンスをするにふさわしい状態でツアーに帰ってきた。
 さらに、今大会からこの秋に発売されるブリヂストンの新ドライバーを投入する。ブラックで統一された精悍な印象の新兵器は、この日の練習ラウンドでも「弾きが良くて飛ぶ」と好感触を得て使用を決意。練習ラウンド終了後はブリヂストンのサポートカーに直行してクラブも入念に調整した。心技体に新兵器も組み合わせて後半戦の開幕に挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
石川遼、入れ替え戦へ 来季のシード獲得の条件は?
松山英樹が世界ランク自己最高位更新!28位に
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング