G

写真拡大

TOYOTAは2013年8月19日、軽乗用車「ピクシス エポック」をマイナーチェンジし発売した。メーカー希望小売価格は74万5000円から128万円。

乗り心地も向上

今回のマイナーチェンジで、エンジンに「クールドi-EGR」や「CVTサーモコントローラー」などを採用した他、フロアアンダーカバー(2WD車)やタイヤディフレクターなどを採用することで、燃費・動力伝達効率や空力性能を向上。その結果、2WD車で33.4キロ/L、4WD車で30.4キロ/Lという燃費を実現した。

また安全装備の面では、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載したSA仕様車の設定や、後続車との追突危険性を低減させるエマージェンシーストップシグナルを全車に標準装備とした。

サスペンション特性やフロントシート形状の変更により、乗り心地を向上させるとともに、内外装の意匠変更や装備も充実。