マガシークがバーチャル試着「バーチャサイズ」を日本初導入

写真拡大

 総合ファッション通販サイト「MAGASEEK」を運営するマガシークが、スウェーデン発のバーチャル試着ソリューション「Virtusize(バーチャサイズ)」を日本国内で初めて導入した。8月21日から、「MAGASEEK」内でサービスの提供をスタート。利用者が持っているウェアと商品のサイズの差を2D画像で確認できる仕組みを利用し、オンラインで購入する際のサイズに対する不安感を解消していくという。

マガシークでバーチャル試着ソリューション提供の画像を拡大

 「Virtusize(バーチャサイズ)」は、ASOS.comなどヨーロッパとアジアの25のオンライン小売業者で40,000種のウェアに活用されているバーチャル試着ソリューション。開発を手掛けるバーチャサイズ社はスウェーデンの起業家たちが2011年に設立し、東京にもオフィスを構えている。日本の採寸基準から影響を受けており、バーチャサイズ社にとって日本は重要なマーケットの一つだという。

 日本初の導入事例となる「MAGASEEK」での利用方法は、手持ちのウェアのサイズをあらかじめフォーマットに入力するか「MAGASEEK」で過去に購入したウェアを「バーチャルクローゼット」に追加して自身のサイズ情報を登録。その後商品ページで「Virtusize ボタン」をクリックし、現れた画面から商品と登録したサイズ情報を比較することができる。「Virtusize」の導入によりマガシークは、既存の顧客に対して快適な利用環境を提供するとともに新規顧客を開拓し、売上の増加と顧客満足度の向上を図る。