やけどを堪えた花火で死亡の男児

ざっくり言うと

  • 京都府の花火大会の露店爆発事故で、19日に亡くなった小学5年男児
  • 男児はやけどを負いながら、警察官とのやりとりに気丈に答えていたという
  • 「すごい小学生だと感心した。亡くなってショックだ」と目撃者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング