『四十九日のレシピ』 ©2013 映画「四十九日のレシピ」製作委員会

写真拡大

11月9日から全国で公開されるタナダユキ監督の新作映画『四十九日のレシピ』の予告映像が公開された。

【もっと写真を見る】

伊吹有喜の同名小説をもとにした同作は、『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』などで知られるタナダ監督が描く家族の物語。今回公開された予告編では、母の死を受けて地元に戻ってくる主人公・百合子役を演じる永作博美とその父・良平役を演じる石橋蓮司の姿や、生前の母に頼まれたレシピを携えて2人の前に現れる不思議な少女・イモ役を演じる二階堂ふみの天真爛漫な様子、彼らと共同生活を送ることになる日系ブラジル人・ハル役を演じる岡田将生の出演場面などが確認できる。また、安藤裕子による主題歌“Aloha oe”の一部を聴くことも可能だ。

なお、主演の永作は同作について「最近、一段と古風な精神に近づきつつある今日この頃。両親の言葉や祖父母の言葉が身に染みて甦ります。何かを心の底にしまったまま時が過ぎてしまってはもったいないと思いました。この映画を観て、何かを踏み出す方がいてくれたら嬉しいです」とコメントしている。