『もらとりあむタマ子』 ©2013『もらとりあむタマ子』製作委員会

写真拡大

山下敦弘監督の新作映画『もらとりあむタマ子』が、11月23日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

『リンダ リンダ リンダ』『マイ・バック・ページ』などの作品で知られる山下監督。「MUSIC ON! TV」のステーションIDから生まれた同作は、東京の大学を卒業した後に実家の山梨に戻ったタマ子が、就職もせずに自堕落な生活を送りながらもやがて小さな一歩を踏み出すまでを、秋から夏までの四季を通して描いた作品だ。

主人公のタマ子役には、山下監督の『苦役列車』でヒロイン役を務めた前田敦子。ボサボサ頭で毎日がほぼジャージ姿、家事を手伝うこともなくロールキャベツやカレーライス、アイスキャンディーなどを食べまくるというタマ子を、前田がどのように演じるのか注目を集めそうだ。共演者には康すおん、鈴木慶一、中村久美、富田靖子。主題歌はステーションIDにも使用されていた星野源の“季節”となる。

今回の発表について前田は、「大好きな山下監督と『苦役列車』に続いてまたご一緒させていただき、去年の秋から撮影をスタートして、季節ごとに少しずつじっくりと撮ってきた作品なので1本の映画として劇場公開されるのもとても嬉しいですし、釜山国際映画祭に出品されることが決まったと聞いて、更に喜びが増しました」とコメントを発表。

また、山下監督は「逆ギレが得意で、ぐうたらで、口だけ番長というどうしようもない性格のタマ子を前田さんは迷いのない目で演じ切ってくれた。その結果、短編という形でのTV放映だった企画から、劇場公開作品という形へと作品が変化していった。その理由は何か? 答えは簡単。それは『あっちゃんが素晴らしかったから!』の一言に尽きる」と前田を賞賛している。