「DMC-FZ70」

写真拡大

パナソニックは2013年8月22日、光学60倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「DMC-FZ70」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万8000円前後とみられる。

広角20ミリから望遠1200ミリまで

有効1610万画素のMOSセンサーと画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」により、ノイズの少ない画質で、20ミリの広角から望遠1200ミリまでの撮影が楽しめるレンズ一体型デジタルカメラ。

「高分散高透過ガラスレンズ」を使ったルミックスDC バリオレンズを備え、光学60倍ズームを達成した。ズーム時に6群のレンズが動く新機構「6群全可動レンズ」を取り入れ、高倍率化と小型化を両立させたほか、全領域での高速オートフォーカスを実現した。

また、光学式手ブレ補正機能である「POWER O.I.S.」を内蔵。従来モデル「DMC-FZ48」からアルゴリズムの改善を行い、検知精度を向上させた。AVCHDフルハイビジョンムービー機能により、1920×1080ドットのフルハイビジョン画質で動画撮影が行える。

サイズは幅130.2×高さ97.0×奥行き118.2ミリ、重量は約606グラム(撮影時)。