写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天証券はこのたび、投資信託の基準価額や分配金の支払い状況などを電子メールで知らせる「投資信託自動メール」サービスを8月下旬(予定)からスタートすると発表した。

同サービスでは、保有している投資信託の分配金支払い情報や顧客自身で設定した投資信託の基準価額などをメールで知らせる。その他、あらかじめ目標基準価額(上昇・下落)を設定することで、保有した投資信託が目標基準価額に到達した時点で通知される。

楽天証券では、2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートするのに合わせ、各種商品の商品やサービスの拡充を図っているという。投資信託においては、販売手数料が無料の投資信託を約350銘柄、トータルでも1300本を超える銘柄のラインアップを提供するほか、2013年中にNISA口座を開設した顧客には投資信託の買付代金1000円分をプレゼントするキャンペーンも実施している。

同サービスは、そのような取り組みのなかで、投資信託を取引する顧客の利便性をさらに向上するものだという。

楽天証券では、投資をするすべての顧客にとって一層利便性の高いサービスの拡充を図ることで、さらなる顧客基盤の拡大を図っていくとしている。

(金野和子)