感謝の気持ちは、靴磨きであらわそう――靴クリームと靴用品メーカーのコロンブス(東京・台東区)は、10月12日の「コロンブスデー」に向け、2013年8月20日から「〜ありがとうの気持ちを込めて〜 コロンブス 大切な人の靴をみがこう」キャンペーンを始める。

最優秀作品に商品券10万円分とシューケア用品一式

「コロンブスデー」は、クリストファー・コロンブスが1492年に新大陸に上陸した日(10月12日)にちなんだもので、同社はそのフロンティア精神に感銘を受けて社名にも採用している。同社では、大切な人に感謝を込めて靴を磨く日としての認知拡大や、靴磨きを体験するきっかけを提供するため、2009年から毎年キャンペーンを実施している。

愛する人や尊敬する人など、大切な人の靴を磨き、その靴を撮影した写真と140文字程度のエピソードを募集する。最優秀作品には商品券10万円分と投稿した写真の靴に合ったシューケア用品一式を、優秀作品3作品には商品券3万円分と、同じくシューケア用品一式を贈呈する。また、選ばれなかった人にも、抽選で30人にシューケア用の「ブートブラックシルバーライン モヒートセット」をプレゼントする。

応募方法は、写真とエピソードを添えて、郵便またはメールで送る。1人何度でも投稿可能だが、1度に投稿できる靴は1足。募集期間は10月31日まで。審査結果は11月18日に同社サイトで発表される。