写真提供:マイナビニュース

写真拡大

にっぽんど真ん中祭り文化財団は23日〜25日、愛知県名古屋市および安城市、東海市、春日井市にて、「にっぽんど真ん中祭り(通称・どまつり)」を開催する。

○ギネス記録にも認定された世界最大の総踊り祭り

同祭は、"観客動員数ゼロ=全員参加型」の祭りをコンセプトに掲げ、参加者も観客も一緒に踊り楽しむ、日本最大級の「踊りの祭典」。国内外から約200チーム2万3,000人が終結し、愛知県名古屋市を中心とした周辺各市の19会場にて、地域色豊かな踊りを披露する。同祭の名物となっている「総踊り」は2010年、ギネス世界記録「世界一の総踊り」に認定されている。

今年は、30周年を迎えた東京ディズニーリゾートからディズニーの仲間たちが2年ぶりに参加。特別なデザインが施された「ドリームクルーザーII」に乗って登場する。また、福島県からは、NHK大河ドラマ「八重の桜」をきっかけに結成された福島県のおもてなしキャラバン隊「ふくしま八重隊」が登場。ステージパフォーマンスを行う。

海外からは、韓国・釜山、サイパンに加え台湾チームが初参加。これに合わせ、名古屋市中区錦一丁目19-30の「名古屋観光ホテル」では、台湾グルメが販売される。また、名古屋市中区久屋大通公園内のフードコートでは、名古屋メシを始め各地からご当地グルメが集合。祭りの盛り上がりの中で楽しめるフードテーマパークが開店する。

昨年から新たに導入された「観客全員投票」では、会場にいる観客全員が誰でも審査員となり、祭り期間中にもっとも感動したチームをケータイやスマートフォンから投票。パレード一次審査・各審査グループ1位の10チームを含めた計12チームによりファイナルコンテストを実施し、大賞を決定する。なお、投票は会場のひとつである栄エリアにいる人限定で、携帯やスマホの位置情報を提供しないと投票ができない。

同祭の開催日は23日(前夜祭)、24日(本祭1日目・ファイナルシード決定戦・U-40部門審査)、25日(本祭2日目・第6回どまつりジュニア大会・ファイナルステージ)。開催時間は会場により異なる。会場は名古屋市中区栄3丁目 久屋大通公園内 「久屋広場」をはじめとした4市19会場。久屋大通公園のメインステージ観賞には、時間帯別に500円〜3,500円(一部プログラムは全席指定)の特別観覧席チケットが設定される。

その他、開催内容、会場、日時とも多岐に渡るので、詳細は「にっぽんど真ん中祭り公式ページ」を参照のこと。

(C)にっぽんど真ん中祭り

(エボル)