写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)ではこの夏オープンした「リサとガスパール タウン」にて、15万球からなるイルミネーションを実施している。

○園内には全部で40万球の輝きが

同アトラクションは、フランス生まれのキャラクター「リサとガスパール」の世界初のテーマパーク。絵本の舞台であるパリの街並みが再現されている。イルミネーションは15万球が設置され、同アトラクションのシンボルであるエッフェル塔には10パターンに変化するライトアップが施されている。

同園内(遊園地ゾーン)では、「FUJIYAMA」や「高飛車」などの絶叫マシンに設置されたイルミネーションが点灯する。また、様々なパターンに点灯する観覧車、園内中心にあるクリスタルラグーンを含め、25万球のイルミネーションが輝く。

○イルミネーションを満喫できる「ナイトフリーパス」

同園では、16時から販売される当日限り有効のフリーパス「ナイトフリーパス」を9月22日まで販売している。料金は、大人2,800円、中高生2,600円、子供2,200円となる。

営業時間は、31日までが8時30分から21時。9月1日から21日は、8時30分から20時まで。なお、9月15日は、8時から21時。22日は、8時から20時までとなる。入園料は、中学生以上の大人が1,300円、子供は700円。フリーパスは、大人が5,000円、中高生4,500円、子供が3,700円となる。

(エボル)