<男子世界ランキング>
 最新の世界ランキングが発表され、レギュラーツアー最終戦「ウィンダム選手権」で15位に入った松山英樹は前週より1ランクアップの28位に浮上。自己最高位を更新した。26位タイの石川遼も前週の153位から2ランクアップの151位に順位を上げた。
 同大会でツアー初優勝を挙げたパトリック・リード(米国)は前週の169位から64位にジャンプアップ。1位はタイガー・ウッズ(米国)、2位フィル・ミケルソン(米国)、3位ローリー・マキロイ(北アイルランド)と上位選手に順位の変動はなかった。
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(13.87pt)
2位:フィル・ミケルソン(8.61pt)
3位:ローリー・マキロイ(8.44pt)
4位:アダム・スコット(7.93pt)
5位:ジャスティン・ローズ(7446pt)
6位:マット・クーチャー(6.71pt)
7位:ブラント・スネデカー(6.42pt)
8位:ジェイソン・ダフナー(6.02pt)
9位:グレアム・マクドウェル(5.94pt)
10位:ヘンリック・ステンソン(5.78pt)
28位:松山英樹(3.36pt)
93位:藤田寛之(1.75pt)
151位:石川遼(1.16pt)
164位:谷口徹(1.06pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】「明日は我が身」の米ツアー
タイガー・ウッズが首位でプレーオフシリーズへ、
【関連リンク】
AKB48のゴルフ担当が様々な謎を検証!
最新のギア情報&試打レポートをチェック