実力派女優のナオミ・ワッツが“世界で最も有名な女性”を熱演!/[c]2013 Caught in Flight Films Limited.All Rights Reserved

写真拡大

1997年8月31日のダイアナ元英国皇太子妃交通事故死という衝撃的なニュースから16年。全世界を夢中にした36年の生涯を閉じたダイアナの知られざる一面を描いた『ダイアナ』(10月18日公開)から、この度、予告編が解禁された。

【写真を見る】プリンセス・ダイアナの知られざる本当の姿とは?

2人の王子を授かり、幸せの絶頂を迎えたものの、夫・チャールズ皇太子の不倫や執拗なパパラッチに傷ついていくダイアナ。シンデレラストーリーから一転、ついに離婚を決意し、1人の女性として自立していくダイアナの姿を、本作は華麗に描いている。

今回解禁された予告編では、“世界で最も有名な女性”でありながら“孤独なプリンセス”として苦悩するダイアナの姿が確認できる。心臓外科医のハスナットと出逢い、人々の“心の女王”になると決意するダイアナの強さと、プリンセスであるがゆえに悩み、絶望の淵に沈むダイアナの弱さ。その両面が垣間見える予告編となっている。

ダイアナを演じたのは『インポッシブル』(12)で自身2度目のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたナオミ・ワッツ。メイクや服装などでダイアナ妃に似せただけでなく、憂いを秘めた特徴的な上目使いと誰もが愛したあの笑顔、立ち居振る舞いから話し方に至るまで、演技派女優が見事な役作りを見せている。彼女がキャリアのすべてをかけて挑戦したダイアナの演技はまさに必見だ。

この夏、ロイヤルベビー誕生で話題となっている英国王室。いまなお人々の心に生き続けるダイアナ元妃の秘められた1ページにも、ぜひ注目してほしい。【Movie Walker】