写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ペットみたいにかわいいロボット掃除機。でも実際に役に立つのかは買ってみなければわからないこともたくさんある様子。ロボット掃除機を買うと、どんなメリット・デメリットを感じられるのか、まずはチェックしてみましょう。

■メリット1、掃除しなければ…という重荷から解放される

ロボット掃除機、最大のメリットがやはりこれです。疲れて家に帰ってきても、床にホコリや髪の毛が落ちたままだとゆっくりできないという方には、重宝するアイテムです。

■メリット2、留守中に掃除が終了している

部屋が広くて掃除に時間がかかるという人も、仕事が忙しくて掃除する時間がないという人も、ロボット掃除機があれば時間の節約ができ、掃除への労力を取られないで済みます。

■メリット3、排気が少ないのでホコリが部屋に舞わない

掃除機をかける時は、窓を開けて換気するのが常識となっていましたが、ロボット掃除機は排気が少ないため、ホコリが部屋に舞わず、ハウスダストが気になる方にも便利です。

■メリット4、掃除機よりも音が静か

ロボット掃除機の音は静音ドライヤー程度のモーター音しかしないため、音が気にはなるものの、近隣に響き渡るほどの騒音はないようです。

■メリット5、掃除機を動かすスペースを確保するため、部屋を片付けるようになる

ロボット掃除機で満遍なく床を掃除するためには、部屋の床に物を置かないようにしたり、片付けたりする必要があるために、自然と部屋を片付ける癖がつきます。

■デメリット1、柱・家具・壁にキズがつく恐れが

ロボット掃除機の動き方や、センサーの反応具合によっては、柱や家具、壁などにぶつかってしまい、キズを作ってしまうことがあるようです。

■デメリット2、大きいゴミは拾えない

ロボット掃除機はブラシでゴミをかきこむタイプ、真空吸引タイプがありますが、いずれにしても大きめのゴミは取りこぼしてしまうことがあります。

■デメリット3、充電池や消耗品を買い替えしなくてはならない

買い替えに必要な金額は機種ごとに違いますが、一定期間使用したらフィルターや充電池などを買い替えなければなりません。

■デメリット4、黒いじゅうたん、小さな段差が苦手

ロボット掃除機はセンサーに赤外線を使用しているため、赤外線を吸収してしまう黒いじゅうたんや黒いラグに近づくと、大きな段差があると勘違いして、避けてしまうことがあるようです。また小さな段差はセンサーが反応せずに、ぶつかったり乗り上げたり、落ちてしまったりすることもあるとか。

その他にも、1匹ペットを飼ったような気持ちになり、愛着がわくというメリットや、細かすぎるゴミが拾えないロボット掃除機があるなど、いろいろと買ってみてからわかることもあるようです。まずは買う前にひとつの参考にしてみてください。