松坂桃李と綾野剛が剛力彩芽の浴衣姿にメロメロ

写真拡大

往年の人気アニメの実写映画化『ガッチャマン』(8月24日公開)のプレミア試写会と花火イベントが、8月19日にユナイテッドシネマ豊洲で開催。松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平が、涼し気な浴衣で登壇。松坂は、映画を見終わった観客の声援に「その反応が何よりの喜びです」と、充実感あふれる表情で手応えを語った。

【写真を見る】松坂桃李と綾野剛がべた褒め!剛力彩芽の浴衣姿の全身ショットはこちら

浴衣について、綾野は「今年、何十回か着てる。大河とかで、かつら被るから。普段から家にいる時とかも楽だし、さらっと着たりする」とコメント。すると松坂が「大河終わりで、浴衣にレザー羽織ってきて、ちょっとびびった」と笑顔を見せた。

紅一点・剛力の浴衣姿に、「素敵です」「綺麗です」と、メロメロ状態の男性陣。鈴木が「彼女がこんな姿でお祭りに来たら、ごめんなさいって謝っちゃう」と鼻の下を伸ばすと、松坂も「同じクラスの男子に偶然会いたいですね」と嬉しそうにうなずく。綾野も便乗し、松坂と剛力に向かい「彼女?」と、即興芝居を始めると、松坂も悪乗りし「あ、言ってなかったっけ?」と返し、剛力は大笑い。綾野は「ぐだぐだだなあ」と苦笑いしながらも、会場は大いに盛り上がった。

舞台挨拶後には、全員がシーサイドデッキの特設ステージへ移動。トークショーの後、2分間で300発を超える花火が打ち上げられ、最後にガッチャマンのロゴ、Gマークの仕掛け花火が登場し、イベントは大盛況のまま、幕を閉じた。

テレビアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」は、1972年に放送がスタートし、平均視聴率21%を記録した人気シリーズ。実写映画版は、最新のVFX技術を駆使したスタイリッシュなアクション映画に仕上がっている。公式サイトでは、PCやスマートフォンで楽しめるスペシャルコンテンツもスタートし、大いに盛り上がっているので、そちらも是非チェックして。【取材・文/山崎伸子】