『TOKYO TRIBE』原作ビジュアル ©SANTASTIC!ENTERTAINMENT 2013

写真拡大

2014年に公開される園子温監督の新作映画『TOKYO TRIBE』の第1弾キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

今回発表されたキャストは、街を支配するグループ「ブクロWU-RONZ」のリーダーであるメラ役を演じる鈴木亮平と、ブクロWU-RONZと対立するグループ「ムサシノSARU」の海役を演じるラッパーのYOUNG DAIS。また、劇中音楽をヒップホップのプロデュースチーム「BCDMG」が手掛けることもわかった。

映画『HK/変態仮面』で変態仮面役を演じたことでも注目を集めている鈴木は、「今回、初めての日本刀のアクションになるので、腕を鍛えるため、片手で木刀の素振りを毎日やっています。また、ラップについては、プロのアーティストの方とアイディアを出し合いながら、移動中や待ち時間などは常に口ずさんで練習しています」とコメント。

また、一般オーディションから選ばれたYOUNG DAISは「正直、驚きと信じられない思いでいっぱいです。演技すること自体初めてなので『挑戦』をテーマに、そして自分の可能性を信じて、全てにチャレンジ精神を持って望もう思っています」と意気込みを語っている。

園監督は今回の発表について、「鈴木くんはスーパーアクションができるプロアクター、対して、演技は素人新人北海道が生んだラッパーのダイスくんがラップで勝負!!二人が撮影現場でどれだけのものを見せつけてくれるか楽しみです。ど迫力の面白すぎるほどの痛快な映画にします!」と2人の共演に期待を寄せている。