<米国男子賞金ランキング>
 「ウィンダム選手権」終了時点での米国男子賞金ランキングが発表され、同大会でプレーオフを制しツアー初優勝を挙げたパトリック・リード(米国)が前週の78位から一躍28位までジャンプアップ。惜しくも2位に終わったジョーダン・スピース(米国)も14位に順位を上げた。
 今季“ノンメンバー”として米ツアーの参戦していた松山英樹はレギュラーツアー最終戦のこの大会で15位タイでフィニッシュ。賞金総額は771,640ドル、105位相当を稼ぎ来季のシード権を出場わずか7試合で掴み取った。
 同大会で26位タイだった石川遼は前週の151位から149位に浮上。しかし、シード権が与えられる125位以内には入れず、ラストチャンスの下部ツアーとの入れ替え戦「Web.comツアーファイナル」に回ることとなった。

【米国男子賞金ランキング】
1位:タイガー・ウッズ($7,687,119)
2位:マット・クーチャー($5,006,408)
3位:フィル・ミケルソン($4,956,727)
4位:ブラント・スネデカー($4,913,261)
5位:ヘンリク・ステンソン($3,441,003)
6位:ビル・ハース($3,223,463)
7位:アダム・スコット($3,206,513)
8位:ジャスティン・ローズ($3,163,881)
9位:キーガン・ブラッドリー($3,136,613)
10位:ビリー・ホーシェル($3,117,543)
14位:ジョーダン・スピース($2,631,220)
28位:パトリック・リード($1,927,999)
149位:石川遼($424,541)
※松山英樹($771,640)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】「明日は我が身」の米ツアー
タイガー・ウッズが首位でプレーオフシリーズへ
【関連リンク】
最新のギア情報&試打レポートをチェック