【写真:田崎健太】

リヨンへ移籍したフレッジ

 2008年12月にロナウドが母国ブラジルのコリンチャンスへ移籍した後、セレソンクラスの選手の帰国が相次いだ。

 まずはフランスのオリンピック・リヨンに所属していたフレッジである。

 身長185センチのフレッジは、ロナウドの後継者として早くから期待された“9番”だった。ミナス・ジェライス州のテオフィオ・オトニという小さな街で産まれ、州都ベロオリゾンテの『アメリカ』というクラブでデビューしている。

 同じ街に本拠地を置くクルゼイロ、アトレチコ・ミネイロと比べると知名度は低いが、古くは70年優勝メンバーのトスタン、2002年優勝メンバーのジウベウト・シルバ、ヴェルディや鹿島アントラーズでプレーした快足フォワードのエウレルなどを輩出している。

 フレッジはアメリカからクルゼイロに移籍、2005年には43試合で41ゴールという驚異的な数字を残している。奇しくもクルゼイロはロナウドが所属したクラブでもある。フレッジもロナウドと同じように、ブラジルでの?滞在期間?は短かった。クルゼイロで2年過ごした後、2005-06年シーズンからフランスのオリンピック・リヨンに移籍した。

 リヨンは黄金期を迎えていた。2001-02シーズンからフランスリーグを連覇。チャンピオンズリーグでもベスト8に進出、ブラジル人の天才、ジュニーニョ・ペルナンブッカーナを中心として攻撃的なサッカーを展開していた。世界への足がかりとしては最適のクラブのように思えた。

 ところが――。

失意の帰国。しかし実は俸給は…

 フレッジは2007年のコパ・アメリカで負傷してしまった。チームに戻ると新加入のミラン・バロッシュや新星カリム・ベンゼマとポジションを争わなくてはならなかった。出場機会が失われたフレッジは2009年2月、リオ・デ・ジャネイロの古豪フルミネンセへ移籍した。

 彼は、当時25才。これから最盛期を迎えようとする年代だった。(力が落ちたから戻って来たのではないことは、今年のコンフェデレーションカップで十分に証明したことだろう)。

 フレッジがフルミネンセで手にした俸給は月43万レアル(約2150万円)。元々富裕層を支持基盤にしたフルミネンセは財政的には恵まれている。『Unimed』社という、医療分野で世界最大規模がメインスポンサーである。

 フレッジを獲得した翌2010年8月、フルミネンセはデコを獲得した。ご存じのようにFCバルセロナ、チェルシーでプレー、帰化してポルトガル代表となった中盤の選手である。デコの月収はフレッジよりも高い、55万レアル(約2750万円)だ。

有名選手の帰還で華やいだブラジルリーグ

 デコがブラジルに戻ってきた2010年1月に左サイドバックのロベルト・カルロスがコリンチャンスへ、7月にはラファエル・ソービスがインテルナシオナルへ移籍している。

 この他、事情はこれらの選手とは少々異なるが、酒で問題を抱えていたアドリアーノも2009年シーズンからフラメンゴでプレーしている。著名なブラジル人選手の帰国により、国内リーグは華やいだ。

 2010年シーズンのブラジルの各チームの人件費を見ると、ロナウド、ロベルト・カルロスを抱えたコリンチャンスが1位で月505万レアル(約2億5250万円)。

 2位のインテルナシオナルが少し落ちて、月500万レアル。ネイマールやガンソといった若手有望選手のいたサントス月480万レアル、フルミネンセ月420万レアルと続いている。

 日本と比較すると――。

 2010年のJリーグの年俸の最高は、浦和にいた高原直泰の1億6000万円、2位が同じく浦和のポンテで1億5000万円となっている。これは辛うじてブラジルのトップ選手に対抗できる数字だったが、高原は10年シーズン途中で韓国に移籍、ポンテはシーズン終了後に契約更改しなかった(編注:ポンテはクラブから契約を延長しないと告げられた)。

 クラブ全体の人件費で見ると、この2人のいた浦和レッズの10年シーズンの年俸総額は22億8200万円。ブラジルのトップクラブとほぼ同等の数字である。

憧れの地ではなくなった日本

 元々ブラジル人選手は他の南米大陸の選手と違った気質を持っている。

 例えば、アルゼンチンのサッカー選手は現役を終えた後も、欧州にそのまま住み続けることが多い。元々は欧州を食い詰めて国を後にしてきたという負い目が根底にあるのかもしれない。

 一方、ブラジル人の母国に対する執着は強い。

 カーニバルに参加するためにわざわざ帰国したエジムンド(元ヴェルディ、浦和)のような選手がいたことも記憶に新しい。ポルトガルに帰化したデコだけでなく、日本に帰化した呂比須ワグナーも選手引退後はブラジルに戻った。

 同等の収入ならば、迷わず母国を選ぶ。それがブラジル人である。世界中、サッカーを求めて移動する遊牧民――ブラジル人選手にとってもはや日本は憧れの場所ではなくなった。

 そして2011年1月、ロナウジーニョがフラメンゴへ移籍した。この移籍の裏側にもある“からくり”があった。

【次週に続く】