「1日2時間Facebookを見ると悲しくなってくる」―ミシガン大学研究

写真拡大

今やFacebook使用者は11億人を超えています。誰かの赤ちゃんの写真をみたり、猫ちゃんの写真を見たりなど、Facebookを見たあとは悲しくなると答える人が多いことが研究でわかりました。

タイム紙によると、ミシガン大学の社会心理学者の元で82名の大人にソーシャルネットワークが与える影響について2週間に渡り研究したと発表しました。

この被験者たちに研究者は一日5回以下のような質問をメールをして聞きました。

“今はどんな気持ちですか?”、”今どのくらい不安に感じますか?”、”今どのくらい寂しいですか?”、”最後の質問メールから何回Facebookを見ましたか?、”最後の質問メールからどれくらいの頻度で人と直接あって話しましたか?”。

プロスワン誌で発表された結果では、Facebookを2時間程度見ている人ほど不幸せに感じることがわかったということです。

反対に、じかに人とあったり、電話をしたりする場合は不幸せな感情にはならないことも分かりました。

研究者は、理由があるとすれば、Facebookを見ることで自分と比較してしまうことでしょう。またFacebookを見ていることで、自分の健康にいい運動や社会交流をしていないことも原因かもしれません、と説明しています。

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Facebook makes you sad
http://health.ninemsn.com.au/healthnews/8707339/facebook-makes-you-sad