写真提供:マイナビニュース

写真拡大

生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」制作委員会は、東京タワーで開催中の「藤子・F・不二雄展」にて、8月19日〜9月1日までの19時〜21時限定で、入場券が割引になるキャンペーンを実施している。

○貴重な原画やプロジェクションマッピングも

同展は、「ドラえもん」や「パーマン」を生み出した藤子・F・不二雄の生誕80周年を記念した展示会。原画は、「ドラえもん」や「オバケのQ太郎」の第1話、SF短編等などを展示。その他、同氏が藤子不二雄A(※)氏と少年時代に漫画から広告まで全て手描きで製作した、自作まんが冊子「少太陽」(8月23日まで5月号、24日からは新年特大号)を初公開している。

また、日本初となる室内型の4Dプロジェクションマッピングを体感できる「SF(すこしふしぎ)シアター」、作品の世界に入り込み、キャラクターになった気分で撮影できる体験型フォトポイント「なりきりキャラひろば」も設置。藤子・F・不二雄の仕事場をイメージしたデスクも用意されている。

○19時以降は入場料が安くなる

9月1日までは、夏休み限定の19時以降購入限定のサマーナイトキャンペーンを実施。公式サイトのクーポンを印刷して提示すると、一般・大学生・高校生は1,000円(通常1,500円)、4歳〜小中学生は500円(通常は800円)で入場できる。

同展は10月6日まで開催。会場は、東京タワー フットタウン屋上4F(東京都港区芝公園4-2-8)。開場時間は10時〜21時。会期中は無休。

※「藤子不二雄A」の正式な表記は、Aをマルで囲う

(フォルサ)