目標だった来季のシードを確保した松山、いったん帰国し新シーズンに備える(Photo by Streeter LeckaGetty Images)

写真拡大

<ウィンダム選手権 最終日◇7日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>
 米国男子ツアーレギュラーツアー最終戦「ウィンダム選手権」。松山英樹は6バーディ・2ボギーの“66”とまたも最終日に強さを見せてトータル8アンダーの15位でフィニッシュ。全英オープンから続いてきた世界一周遠征を締めくくった。

 目標達成だ。松山が今季の米ツアーわずか7試合で稼いだ賞金は771,640ドルとなり、賞金ランキングでは105位に相当。上位125位に与えられる2013年-14年シーズンの米ツアーシード権を獲得した。プロ転向後わずか4か月半。これで松山は10月7日に始まる来シーズンから米ツアーに軸足を移して戦うこととなる。
【松山英樹の今季米ツアー成績】
ソニーオープン・イン・ハワイ(1月10日〜13日) 予選落ち
全米オープン(6月13日〜16日) 10位タイ
全英オープン(7月18日〜21日) 6位タイ
RBCカナディアンオープン(7月25日〜28日) 16位タイ
WGC-ブリヂストン招待(8月1日〜4日) 21位タイ
全米プロゴルフ選手権(8月8日〜11日) 19位タイ
ウィンダム選手権(8月15日〜18日) 15位
<ゴルフ情報ALBA.Net>