オリンピックの金メダルが目標と成田美寿々!着実に実力をつけてきた(撮影:ALBA)

写真拡大

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,555ヤード・72)>
 「NEC軽井沢27ゴルフトーナメント」の最終日。2日目に続き“65”をマークした成田美寿々と、単独首位でスタートしたリ・エスド(韓国)がトータル14アンダーで並んで勝負は今大会3年連続となるプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪った成田が逆転で今季初優勝を挙げた。

 プレーオフの2ホール目。「下りの速いラインだったのでタッチを合わせにいった」という成田のバーディパットは、大ギャラリーが固唾をのんで見守る中最後の一コロがりでカップに消えた。左手でパターを大きく掲げると、右手を力強く振りおろしガッツポーズ。会心のパッティングで勝利を引き寄せた。
 もともとショットでスコアを作るタイプの成田だが、オフの2月にはかつてアダム・スコット(オーストラリア)らも指導したパットの名手デイブ・ストックトンに師事しパッティングの改善に着手。指導はストロークだけでなくボールのコロがるイメージや、ゴルフ以外の生活面にまで及んだ。これが「すごく印象的だった」と成田に大きな影響を与え、平均パット数は昨年の38位から今季はここまで18位と大きく改善した。
 昨年の富士通レディースで優勝した際には、父親の俊弘さんから「1勝目はマグレ。もう1勝したら本物だ」と厳しい言葉でゲキを飛ばされ、「悔しかった」と早期の2勝目を追い求めてきた。その間約10か月を要したが8月1日まで行われたプロテストを2位で通過し晴れてLPGAの正規会員となるなど一歩ずつステップアップ。そしてプロテストからわずか2試合目で待望の2勝目をもぎ取ってみせた。
 将来の夢は世界ランク1位でも海外メジャー制覇でもなく、オリンピックで金メダルを獲ること。海外ツアーへの挑戦も「オリンピックに出るために、海外ツアーで世界ランキングを上げるというのはあるけど基本的には日本で」とあくまでオリンピック代表に選ばれるための手段としてしか考えていない。「スポーツではオリンピックが一番の名誉」。ゴルフは2016年のリオ・オリンピックから正式競技となる。表彰台の一番上で君が代を聞くという夢まで。成田の挑戦は終わらない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくら、連続予選通過記録101で途切れる「またイチから頑張る」
シニアツアー「ファンケルクラシック」の結果はここから
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング