「TOKYO DESIGNERS WEEK 2013」開催概要発表

写真拡大

デザインアソシエーションNPOは、10月26日(土)〜11月4日(月)の10日間、明治神宮外苑をメイン会場に開催する「TOKYO DESIGNERS WEEK 2013」の開催概要を発表した。
今回は「DESIGN Fes」「ART Fes」「MUSIC Fes」という3つのFesを柱に展開、メインとなる「DESIGN Fes」では、「テント展」や「コンテナ展」、ワークショップ、各種トークショーの他、新コンテンツとしてアジア各国のクリエイター(プロ、学生など)が集結する「ASIA AWARDS」、作品のラフスケッチと完成形を展示する「ラフ展」、「スペインパビリオン」、「英国大使館パビリオン」などがバラエティー豊かに展開される。また「ART Fes」では、「アートを買おう!」をテーマに現代アーティスト100組が作品展示および販売を実施、「MUSIC Fes」としては音楽プロデューサー・小林武史氏と大沢伸一氏によるユニット「BRADBERRY ORCHESTRA」が同展のテーマソングを手掛ける(詳細は後日発表)他、JAZZイベントも連日行われるなど、過去最多のコンテンツが展開される。
来場者は過去最高の12万名を見込む。