<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,555ヤード・72)>
 国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日。全選手がハーフターンを終えた時点で、2日目通算13アンダー単独首位からスタートのリ・エスド(韓国)は、2バーディ・3ボギーで1つスコアを落とし通算12アンダーにするも何とか単独首位をキープしている。リが前半スコアを崩すしたことで2打差に6人が並ぶ大混戦となった。
 1打差通算11アンダー単独2位に不動祐理、通算10アンダー3位タイには先週初優勝を挙げたナ・ダエ(韓国)、イ・ナリ(韓国)、成田美寿々、笠りつ子の4人が並んだ。さらに、通算9アンダー7位タイにはO・サタヤ(タイ)、飯島茜、吉田弓美子、フォン・シャンシャン(中国)の4人が続く。
 先週悔しい予選落ちをした比嘉真美子と森田理香子は、共に通算6アンダー22位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹1打後退も15位タイで最終日へ
シニアツアー「ファンケルクラシック」のリーダーズボードはここから!
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング