写真提供:マイナビニュース

写真拡大

考えてみれば、子供の時から一番多く食べてきたご飯はカレーだった……という人も多いはず。手軽に作れておいしいメニューの代表格だが、カレーもラーメンに負けないくらい、ご当地事情があることをご存知だろうか?

愛知県の「豊橋カレーうどん」は1杯で2度楽しめる!?

日本人の大好きな「うどん」と「カレー」が合体した「カレーうどん」。元祖・国民食コラボとすら言える神フードが、なぜか愛知県の東三河エリアで激アツ状態だという。なぜ今、東三河でカレーうどんなのか?

石川県金沢は全国有数のカレー激戦区! 地元民が愛するカレー3選

金沢といえばお寿司など海の幸が有名だが、実はカレールーの消費量全国3位のカレー好きな土地でもある。市内には「金沢カレー」から本格インドカレー店まで個性豊かなお店が点在し、地元の素材をふんだんに使った金沢人好みのカレーが提供されている。

会津若松のソウルフード、「カレー焼きそば」は青春の味!?

福島県会津若松では、「カレー焼きそば」のことを「B級グルメ」とはカテゴライズしない。ではどのように位置づけるのかというと、カレー焼きそばは「ソウルフード」、つまり「故郷の味」なのだという。

北海道札幌にある豊平峡温泉の魅力は、カレーなしでは語れない!?

「完全天然」の温泉が札幌市内にある。その名は「豊平峡(ほうへいきょう)温泉」。優れた泉質と深い山々を望むロケーションを楽しめる露天風呂に加え、ここで食べられるカレーが、「異常においしい!」と口コミで広がっている。

スープカレーだけじゃない! 北海道の超個性派カレー3選

日本中の人に「北海道のカレーといえば?」と問いかけたなら、ほぼ100%に近い確率で「スープカレー!」という返答が即座に返ってくるはず。しかし北海道にはスープカレーの他にも、人気の個性派カレーが数多く存在する。

サバにクジラにビワまでも! 個性際立つ千葉県のご当地カレーたち

都内でスーパーの棚に目をやれば、全国各地のご自慢カレーがズラリと並んでいる。中でも高い存在感を誇示しているのが「千葉県のカレー」。サザエやクジラ、タコといった海産物から、変わり種ではビワなど何じゃこりゃ的な食材までが投入されているという。