<ウィンダム選手権 3日目◇17日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>
 米国男子ツアーレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の3日目は、朝からの大雨の影響でスケジュールに影響が出たものの無事に全選手がホールアウト。トータル5アンダーの14位タイからスタートした松山英樹は2バーディ・3ボギーの“71”とスコアを1つ落とし、トータル4アンダー15位タイで最終日を迎えることとなった。
 トータル1アンダーでギリギリ予選通過を果たした石川遼は1イーグル・3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら1つスコアを伸ばしトータル2アンダーの31位タイに浮上している。
 首位はトータル10アンダーのパトリック・リード(米国)とジョン・ハー(米国)。1打差の3位タイにザック・ジョンソン(米国)、ジョーダン・スピース(米国)、ボブ・エステス(米国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>