マリメッコ、初のコンセプトコーナーショップを新宿伊勢丹に出店

写真拡大

 フィンランド発のライフスタイルブランド「Marimekko(マリメッコ)」が、日本初のコンセプトコーナーショップを伊勢丹新宿店に出店する。限定商品をそろえ、オープンは8月28日。

マリメッコ初のコンセプトコーナーの画像を拡大

 「Marimekko 伊勢丹新宿店」は、伊勢丹新宿店本館5Fのリビングフロアに出店。バッグをはじめ、バス・キッチン雑貨やベットリネンなどのファブリックといったインテリア雑貨を中心に取り扱う。オープンを記念して、数々の人気パターンを生み出しているデザイナーMaija Louekari(マイヤ・ロウエカリ)によるプリント柄MINI PISAROI(ミニ ピサロイ)の限定カラー商品を展開。ファブリックバッグやがま口のポーチなど、全4型をそろえる。

 1951年にアルミとヴィリオ・ラティア夫妻によって誕生した「Marimekko」はフィンランドの国民的ブランドで、特徴的なパターンをもとにファッション・インテリア・バッグ・生活雑貨などを幅広く取り扱っている。現在では国や世代を超えて世界中で展開され、中でも日本はフィンランドに次ぐ第二の市場で全国各地に直営店を出店している。2012年にはフィンエアー(フィンランド航空)と3年間のパートナーシップを締結。UNIKKO(ウニッコ)柄の特別塗装機をはじめ、テーブルウェアやテキスタイルからなる「Marimekko for Finnair」コレクションが全旅客機に導入されている。

■Marimekko 伊勢丹新宿店
 住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 5F
 営業時間:10:30 - 20:00
 定休日:不定休