2日目のベストスコアを出し首位に立った金鐘徳(撮影:ALBA)

写真拡大

<ファンケルクラシック 2日目◇17日◇裾野カンツリー倶楽部(6,865ヤード・パー72)>
 静岡県にある裾野カンツリー倶楽部を舞台に開催中の国内シニアツアー「ファンケルクラシック」の2日目。トータル1アンダー15位タイからスタートした金鐘徳(韓国)がこの日のベストスコアタイとなる“66”をマーク。トータルスコアを7アンダーとしてG・マイヤー(米国)と共に首位タイに浮上している。
「ファンケルクラシック」のリーダーズボードはここから!
 1打差の単独3位には前日トップのブーンチュ・ルアンキット(タイ)、さらに1打差の4位タイには比嘉勉、加瀬秀樹、渡辺司の3選手がつけている。
 メジャー覇者として上位進出に期待がかかる井戸木鴻樹は“69”をマークしてトータル4アンダー7位タイに順位を上げている。
【2日目の結果】
1位T:金鐘徳(-7)
1位T:グレゴリー・マイヤー(-7)
3位:ブーンチュ・ルアンキット(-6)
4位T:比嘉勉(-5)
4位T:加瀬秀樹(-5)
4位T:渡辺司(-5)
7位T:井戸木鴻樹(-4)
7位T:フランキー・ミノザ(-4)
7位T:山本善隆(-4)
10位T:室田淳(-3)他6名

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ギャラリー動員数No.1「ファンケルクラシック」が開幕!
渡辺司が5アンダー2位タイ発進!「1年を象徴する大会」
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング