<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇17日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,555ヤード・72)>
 初日1オーバー66位タイと出遅れた横峯さくらは、この日は3バーディ・1ボギーの“70”とスコアを2つ伸ばしたものの、トータル1アンダーの54位タイでカットラインに1打及ばず予選落ち。これで2010年4月の西陣レディスから2013年のサマンサタバサレディースまで続いてきた連続予選通過記録は101試合でストップした。タイガー・ウッズ(米国)の持つ142試合の世界記録更新もならなかった。
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目を振り返る!
 バーディなら予選通過を確実なものとする最終9番パー5。約2メートルのバーディパットは「スライスラインで左エッジに打った」と思い通りのラインに打ち出したものの、無情にもカップに蹴られて入らずパー。ホールアウト後は「一生懸命やった結果なので仕方がない」と前を向いたが、ポーカーフェイスの横峯には珍しく悔しそうな表情を浮かべて9番ホールを後にした。
 カットラインとなった2アンダーは朝から想定してスタートしたものの、思うようにスコアを伸ばせない展開が続いた。出だしの11番ではティショット、セカンド共に左に大きく曲げて木に当てるミスショットでボギーが先行。その後は3つのバーディで盛り返したものの、「ショットで左、左が目立った。しっかり振り切ればまっすぐ行くけど、怖がると曲がってしまう」とショットの不安から伸び悩んだ。
 「後半はプレッシャーがかかっていた」と自身が積み上げてきた記録の重さに、百戦錬磨の横峯にも大きな重圧がかかっていた。「これでプレッシャーもなくなるのかなと思う。またイチからがんばります」。偉大な記録はここで途切れたもののシーズンはまだまだ続いていく。来週の「CATレディース」からはまた新たなスタート。この経験を糧に、さらなる偉業を達成する時間は横峯には十分残されている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロ写真館がリニューアル!meijiカップ写真追加
シニアツアー「ファンケルクラシック」のリーダーズボードはここから!
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
今日の美ゴ女更新!今回は美人受付さん!
各ツアーの賞金ランキング