【モンハン】『モンスターハンター4』☓渋温泉ツアーが今年も開催!初心者でも楽しめる4つのポイント

写真拡大

シリーズ販売本数が2300万本にも上る大ヒットタイトル『モンスターハンター』。最新作『モンスターハンター4』の発売も9月14日(土)と間近に迫る中、長野県の渋温泉では、今回3度目となるコラボイベント『モンスターハンター × 長野県信州渋温泉〜"モンハン渋の里"で年中狩ろうぜ!〜』が開催中です。温泉街とゲーム、一見すると異色の組み合わせの真相を確かめるべく、"モンハン渋の里"に潜入してきました!

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

長野駅から電車で約1時間。草津温泉にもほど近い山間に位置する信州渋温泉といえば、温泉好きの間でもよく知られた歴史ある名湯です。伝説によればその始まりは1300年前とも言われ、戦国時代には武田信玄が川中島の戦いで傷ついた兵士を療養されたと伝わるほど。古き良き温泉街の町並みが今も残り、どこを掘っても温泉が出ると言われるほど豊富な湯量が魅力。町中には「外湯」と呼ばれる9つの共同浴場があり、温泉への宿泊者なら無料で入ることができます。浴衣に着替え、下駄をカラコロさせながらのんびり街歩きをするのが、渋温泉流の楽しみ方なのです。

そんな渋温泉が『モンスターハンター × 長野県信州渋温泉〜"モンハン渋の里"で年中狩ろうぜ!〜』期間中は、“モンハン”仕様に大変身! 

街のあらゆる場所が“モンハン”一色に染まっていました!

とはいえゲームをプレイしたことない/知らない人の中には、「せっかく遊びに行っても楽しめるか不安…」と考える人も多いのではないでしょうか? お答えしましょう。

まったく問題ありません!

今回は、そんな"モンハン渋の里"の楽しみ方をどーんとお教えいたします。

■■温泉を楽しむ!

渋温泉には30を超える温泉宿のほか、無料で入れる足湯などいたるところに温泉がたくさん! さらに"モンハン渋の里"開催期間中は、町内中心部のモンハン屋台村に「ハンター露天風呂」なるスペシャルな温泉も登場しました。なんとこちら、イベントのためにわざわざお湯を引いて完成させたという本気のお風呂。

しかもお湯の出る部分には、“モンハン”でおなじみのモンスター、リオレウスの頭が! こちらは、水着を着用で誰でも入ることが可能(有料)。この時期だけしか入ることができない、超貴重な温泉です!

■■食事を楽しむ!

"モンハン渋の里"内にあるいくつかの飲食店では、期間中特別にコラボフードメニューをいただくことができます。登場するモンスターをイメージしたものから、“モンハン”のアイドル、アイルーをモチーフにしたものまで、各店趣向を凝らしたメニューを用意しているので要チェック! 

また、モンハン屋台村でもここでしか食べられないフードが多数揃っています。こちらでは、ドリンク類やスイーツも販売してますので、街歩きのついでにふらっと立ち寄ってもOK。ハンターたちなら誰でも一度は食べてみたい「こんがり肉」もここで食べられます!

 

■■観光を楽しむ!

渋温泉名物の「外湯めぐり」やレトロな温泉街をぶらっと散歩するのもいいですが、"モンハン渋の里"では、期間中、さまざまなイベントが行われています。中でもモンハン屋台村で夜な夜な行われる「モン踊り大会」や「ハンター釣り大会」(釣ったニジマスはその場で塩焼きに!)は9月中旬までの夏季限定の催し。

 

『モンスターハンター × 長野信州渋温泉〜"モンハン渋の里"で年中狩ろうぜ!〜』は来年夏までの長期間にわたるイベントのため、秋は「きのこ狩り」など季節ごとのお楽しみを考えているそう。また、8月下旬までは「渋温泉夏祭り歩行者天国」を毎晩開催。浴衣姿でヨーヨー釣りや射的をすれば、昭和にタイムスリップしたようなノスタルジックな気分を味わえます。また、町のところどころに、モンスターの実物大の足跡が隠されていたりと散歩+αの楽しみも。約2キロほどの距離には、温泉につかるニホンザルで有名な「地獄谷野猿公苑」などもあり、見どころは満載です。

■■地元の方々との交流を楽しむ!

 『モンスターハンター × 長野信州渋温泉〜"モンハン渋の里"で年中狩ろうぜ!〜』がスゴいのは、温泉旅館やおみやげ屋さんだけでなく、それ以外のお店や民家まで町をあげてイベントに参加しているということ。実はそもそもこの企画、かなり地元の方が積極的に意見を出しあって作り上げているのだとか。例えばモンハン屋台村にある「シブ式火竜車」は地元の方たちの手作りだったり、廃屋にティガレックスの爪痕をつけてみたり、挙句、前述の「ハンター露天風呂」も地元の方たちが協力し合って作っちゃったというから驚き!

「モン踊り大会」で和太鼓を叩いているのが泊まっていた温泉旅館のご主人だった、なんてこともありました。町を歩いていても、気さくに声をかけてくれたりする方も多く、帰ってきてすぐに「また行きたい!」と思ってしまったほど。こんな出会いも、旅ならではの醍醐味だと思いませんか?

例えば、ふらっと立ち寄った町でたまたまお祭りが開催されていたら、ちょっとだけ得した気分になるように、『モンスターハンター × 長野信州渋温泉〜"モンハン渋の里"で年中狩ろうぜ!〜』も、渋温泉の「温泉」以外の魅力に気づかせてくれるイベントでした。渋温泉は、2011年に“モンハン”とのコラボを始めて以降、劇的に観光客が増加。期間中何度も訪れるリピーターも多いそう。中には「ゲームのファンということを超えて、渋温泉そのものの魅力にハマってしまった」と語る狩人の方もいらっしゃいました。また、「このイベントのことを知らずに渋温泉に遊びにきたけど、ゲームにも挑戦してみたいです!」という女性のお客さんも。

単なるコラボを超えて、相互に密接に関わりあうことで、誰もが楽しめる“お祭り”にすること。そんな意気込みが伝わってくるイベントでした。『モンスターハンター4』発売直後の9月の連休は、すでに宿の予約がたくさん入っているそうで、町も活気づいていること間違いなし! 秋のレジャーシーズンは、渋温泉を訪れてみてはいかがでしょうか?


【関連サイト】
『CAPCOM:モンスターハンター4 公式サイト』
[http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/4/]

『モンハン渋の里 公式サイト』
[http://mh-shibunosato.com/]

『渋温泉旅館組合』
[http://www.shibuonsen.net/]
 

こちらのレポートもどうぞ!
舞台『逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜』主演・兼崎健太郎&和田琢磨に聞いた「成歩堂と御剣、どちらに似ている?」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16258 ]
【3DS】最新作「レイトン教授VS逆転裁判」最速プレイレポート! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10914 ]
【スマホ】要注意! 電池を余計に消耗させてしまう“NGな使い方”7 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16386 ]
【ゲーム】イラッときて、ニヤッとして、脱力…ネタにこだわる「脱力系」アプリ5選! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15055 ]
【アプリ】次の"パズドラ"はこれだ! 音ゲー、パズル、RPG…次世代ソーシャルゲーム集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14287 ]