<ウィンダム選手権 2日目◇16日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー、レギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の2日目。初日78位タイと出遅れた松山英樹だったが、この日はボギーが先行するもその後はチャージをかけ、1イーグル・5バーディ・2ボギーの“65”をマーク。スコアを5つ伸ばし、トータル5アンダーで15位タイに急浮上。優勝候補の一角にピックアップされた実力を遺憾なく発揮し、好位置で決勝ラウンドに進出した。
松山英樹の今季成績&プロフィール
 シード権確保のため、この試合で5位以内でのフィニッシュを目指す石川遼はトータル1アンダー、62位タイで予選を突破。首位とは10打差がついたが、なんとか望みをつなぐことができた。
 首位に立ったのはこの日6つスコアを伸ばしトータル11アンダーとしたパトリック・リード(米国)。1打差の2位には8つスコアを伸ばす圧巻のプレーをみせたジョン・ハー(米国)がつけた。
【2日目の順位】
1位:パトリック・リード(-11)
2位:ジョン・ハー(-10)
3位:ジョーダン・スピース(-9)
4位T:チャーリー・ウィ(-7)
4位T:ロス・フィッシャー(-7)
4位T:ボブ・エステス(-7)
4位T:ローリー・サバティーニ(-7)
4位T:ブライアン・ハーマン(-7)
4位T:ジム・ハーマン(-7)
10位T:モーガン・ホフマン(-6)他4名
15位T:松山英樹(-5)他6名
62位T:石川遼(-1)他12名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【初日】
松山が優勝候補の一角にピックアップ! 
【関連リンク】
シニア「ファンケルクラシック」のリーダーズボード
女子ツアーでは「LIVE PHOTO」を実施!
最新のゴルフギア情報&試打レポート