<ウィンダム選手権 2日目◇16日◇セッジフィールドカントリークラブ(7,130ヤード・パー70)>
 米国男子ツアー、レギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の2日目。初日78位タイと出遅れた松山英樹はインコースからスタート。出だしから2つボギーが先行する不安な立ち上がりだったが、13番のバーディを皮切りに15番からは3連続バーディを奪取。スコアを2つ伸ばして折り返す。
 後半は5番パー5でイーグルを奪取するなど3つスコアを伸ばし、この日は1イーグル・5バーディ・2ボギーの65をマーク。スコアを5つ伸ばし、一躍上位に。トータル5アンダーで現在13位タイにつけている。
 シード権確保にこの試合で5位以内のフィニッシュを目指す石川遼は3バーディ・2ボギーの69でラウンド。スコアを1つ伸ばし、トータル1アンダーで現在62位タイ。予選通過はできそうだが、明日はビッグスコアが求められることになりそうだ。首位はトータル11アンダーでフィニッシュしたパトリック・リード(米国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
PGAツアーのニュースをまとめて!
最新のゴルフギア情報&試打レポートをチェック!
シニアツアー夏の大一番「ファンケルC」のリーダーズボード
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」更新!