写真提供:マイナビニュース

写真拡大

動画サービス「niconico」のニコニコ生放送にて、8月23日より「ダイオウグソクムシたん≪番外編≫お食事の様子を観察しよう@新江ノ島水族館」の放送が決定した。

ニコニコではこれまで「シーズン?」の48時間放送、「シーズンII」の60時間放送、シーズンIIIの82時間放送と3度にわたって三重県・鳥羽水族館のダイオウグソクムシを中継。前回の放送では総来場者数が100万人を突破し、全3回の合計総来場者数は約268万人を記録し、運営側も想定外の支持に驚いているという。

しかしながら、これまで約190時間にわたりダイオウグソクムシを観察、中継してきたニコニコだが、彼らの捕食シーンを撮影には未だ成功しておらず、「1号たん」として知られるダイオウグソクムシ「NO.1」のゴハンを食べない絶食生活が5年目に突入している。

そこで今回は、番外編として新江ノ島水族館にて飼育している「90分もあれば餌を食べる」と担当飼育員も胸を張る"食欲旺盛"な「ダイオウグソクムシたん」の様子を中継する。番組では、新江ノ島水族館の飼育員が独自に研究を重ねたダイオウグソクムシの捕食生態データを公開し、餌やり方法を伝授。鳥羽水族館の森滝飼育員も運営コメントを通じて番組に出演する。

そのほか、新江ノ島水族館にて飼育している「オオグソクムシ」「ハシキンメ」「キホウボウ」といった他の深海生物の捕食シーンも中継するほか、発光魚として知られている「マツカサウオ」が発光する様子の生中継も予定している。

番組名:ダイオウグソクムシたん≪番外編≫お食事の様子を観察しよう@新江ノ島水族館

放送日:8月23日(金)

放送時間:20:00〜22:00予定

出演者:新江ノ島水族館広報・高井純一、深海生物飼育担当者の方々

運営コメント出演:鳥羽水族館飼育員・森滝丈也

番組URLはこちら

これまでのニコニコの「ダイオウグソクムシ」放送の歴史は以下のとおり。

1.「48H生 ダイオウグソクムシたん48時間生中継@鳥羽水族館」(3月29日放送)

来場者数:約75万人、コメント数:約130万件

番組URLはこちら

2.「ダイオウグソクムシたん60時間生中継@鳥羽水族館」(4月30日放送)

来場者数:約87万人、コメント数:約128万件

番組URLはこちら

3.【悲報】ダイオウグソクムシ9号たん追悼番組(6月13日放送)※ダイジェスト番組

来場者数:約4万6千人、コメント数:約4万6千件

番組URLはこちら

4.【82時間】ダイオウグソクムシたん中継シーズンIII@鳥羽水族館(7月30日放送)

来場者数:約106万人、コメント数:約110万件

番組URLはこちら

(C)新江ノ島水族館