マツコ・デラックス

写真拡大

14日に放送されたテレビ朝日系バラエティ「マツコ&有吉の怒り新党」にて、マツコ・デラックス矢口真里の不倫騒動について持論を展開した。

話のきっけけは「芸能人に不祥事があると、ここぞとばかりに痛烈な批判を浴びせる風潮に腹が立ちます」という視聴者からの投稿。有吉弘行はこの意見を受け「あれ、やっぱ厳しいじゃん。不倫って」と話し、芸能人にとって特にイメージダウンになる不祥事として、不倫を一例に挙げたのである。

マツコは「今、データをとると、主婦の人が不倫してる確率って、全然昔より高くなってきてる訳よ」と語り、世間の不倫への認識が甘くなってきていると指摘。そんな中でも批判される理由を「華やかな世界で生きている人が、さらに不徳をしているっていうことが、余計火に油を注ぐところはあるんじゃない?」と述べ、芸能人だからこそ叩かれてしまうと分析している。

さらに、話は元モーニング娘。矢口の不倫騒動におよぶ。マツコは「(矢口が)『奔放に生きて何が悪いんですか?』ってもしすぐに言っちゃえば、CMとかは出れなくなるかも知れないし、出れる番組は減るかも知れないけど、あたし、一定数の支持者はいたはずだと思うのよ」と発言。「引きこもってまで反省するほどのことなのか?」と矢口の行動に疑問を呈している。

一方で「女性が社会参画して、いろんな、良い意味でも悪い意味でも平等になってきてるから、悪いことは悪いですけど」と前置きしつつも、「(矢口の不倫は)犯罪じゃないですよね?」と擁護もしている。

さらにマツコは、一連の騒動を「女の人はこれ(不倫)に対して絶対NO」「彼女を出したら女の人は絶対テレビを見ない」「女は不倫しない」と思い込む、男性社会が作ったストーリーだと主張。こういった考え方は男尊女卑的な思い込みで、実際の女性は「もっとサバけている」と持論を述べた。

また、マツコは矢口個人に対しては「スゲエ女だな」と感心したと言う。その理由は、報じられた不倫のシチュエーションに対し「男女の力の逆転の象徴」だと感じたからだという。マツコの矢口に対する評価は、善悪はさておき、純粋に「女性の社会での立場」のみで考えたもののようだ。

【関連記事】
「企業の体質だけでは語れない」 マツコがブラック企業大賞に疑問を呈す
マツコ、トラブルが続発した花火大会の中継を絶賛 「毎回中止になるべき」
雲隠れ矢口真里「今は芸能界復帰拒否」? これだと本当に引退に追い込まれる
ついにその姿をキャッチされた“雲隠れ”中の矢口真里