通常時はモードな服装にも合うネックウォーマーのようなデザイン

写真拡大

自転車関連の製品を取り扱うライトウェイプロダクツジャパン(東京・豊島区)は2013年11月に、自転車用のエアバッグ「HOVDING(ホーブディング)」を発売する。

一般的なヘルメットより広い保護範囲

スタントマンを用いた1000回を超える実験や何百時間にも及ぶサイクリストの挙動採集により、自転車事故の際の動きをデータベース化した。事故につながる動作を内蔵センサーが感知すると、0.1秒でエアバッグが展開される設計になっている。

使い方は簡単で、首に製品を巻いてチャックをあごの下まで上げ、ファスナーについているボタンを本体に取り付けるだけ。ボタンの取り付けによりセンサーが起動する。事故時に膨らむエアバッグ本体は頭全体を覆うフード形状で、一般的なヘルメットよりもはるかに保護範囲が広い。

引きずられても破れない高い耐久性のナイロン素材。防水素材でもあるため、どんな状況でも安定して作動するという。ヨーロッパの安全規格である「CE」も取得済みだ。

センサーはUSB充電式。バッテリーが消耗してくるとLEDの光と音で知らせてくれる。汗や汚れはカバーを取り外して洗うことができ、またカバーは別の色にとりかえることもできる。

サイズはSとMの二つで、価格は6万5100円。