ヴァレンティノの絵画のような最新広告 イネス&ヴィノートが撮影

写真拡大

 「VALENTINO(ヴァレンティノ)」が、2013-14年秋冬コレクションの広告キャンペーンを公開した。撮影は、オランダのフォトグラファーデュオInez and Vinoodh(イネス&ヴィノート)が担当。広告もコレクションのテーマと同様、17世紀のオランダ・フランドルの巨匠たちが描いたポートレートや、後生のアーティストによる作品からインスパイアされている。

【画像を拡大】

 「VALENTINO」の広告キャンペーンは、ニューヨークで撮影。Maud Welzen(マウド・ウェルゼン)やKati Nescher(カティ・ネシャー)Magdalena Jasek(マグダレナ・ジャセック)ら10名をモデルに起用し、Inez and Vinoodhにより撮り下ろされた。女性たちのポートレートや静物画で構成され、今季のコレクションの優雅さや厳格さが表現されている。

 クリエイティブ ディレクターのマリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリは、「女性たちの親近感やたたずまいが絵画のように描かれています。個人の物語のフレームのように、それぞれの美しさが、イネス&ヴィノートのロマンティックかつモダンなヴィジョンで解釈され、フランドルの光の壮大さとコンテンポラリーな女性の優雅さや気品、雰囲気が10通りに表現されています」とコメントしている。



■VALENTINOの2013-14年秋冬コレクション
http://www.fashionsnap.com/collection/valentino/women/2013-14aw/