<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇16日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,555ヤード・72)>
 連続予選通過のツアー記録を更新中の横峯さくらが、初日3バーディ・4ボギーの“73”で1オーバーの66位タイで予選落ちの危機を迎えた。2日目は50位タイ以内のカットラインの通過を目指してスタートすることとなった。

 この日の横峯は4番でボギーが先行。その後は1アンダーまで盛り返したが、上がり2ホールの連続ボギーでスコアを落とした。パッティングでは今大会からクロスハンドグリップを採用するなど試行錯誤を続けているが、最終18番はカラーから3パットするなど精彩を欠いた。
 横峯の予選通過記録は2010年4月の西陣レディスから始まり、7月の「サマンサタバサレディース」まで101試合継続中。タイガー・ウッズ(米国)の持つ世界記録142試合の更新も期待されている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
渡邉彩香、幸運“ビリヤード”イーグル!1打差2位タイ
シニアツアー「ファンケルクラシック」のリーダーズボードはここから!
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング