【図表1】25日と75日の移動平均線を使ったゴールデン・デッドクロス売買。もみあい時期は利益が出ない。

写真拡大

 「最近、連敗続きで……」「たまに勝ってもトータルでは赤字」という投資家は少なくないだろう。そこで自分の売買戦略の見直しをおススメしたい。たとえば、過去の売買データをもとに取引を行うプログラムトレードはいかがだろうか。

 実際にプログラムトレードをするかどうかは別にしても、過去の検証は今後の取引の参考になるはずだ。とはいえ一般的にプログラムトレードといえば、ツールの利用や売買シグナルを受け取るために、ある程度の費用がかかるもの。そこで、今回は無料で利用できる日本株向けのトレードツールを紹介しよう。

なんと30年分のチャートが表示可能

 マネックス証券が提供している投資ツール「マネックストレーダー」は、最大5万本のろうそく足、30年分(!)の長期チャートが表示でき、日中足でも数カ月分のチャートが表示できる。ちなみに、他社のトレードツールの日中足表示期間は、長くてもせいぜい5日程度だから、その異色ぶりは際だっている。マネックス証券の会員ならば無料で利用できる。

 さらに、このチャートデータを利用したバックテストと自動発注のプログラムトレードが可能だ。バックテストとは、過去の値動きに対して、ある売買ルールが有効かどうか検証すること。プログラムトレードは、その検証結果にもとづいて、行うトレードのことだ。

 マネックストレーダーでは、あらかじめ75種類のテクニカル指標を使った売買戦略が用意されており、その中から選んでバックテストができる。

ゴールデン・デッドクロスは本当に有効かを検証してみた

 「移動平均線のゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売れば儲かる」とよくいわれる。早速、マネックストレーダーで日経平均のETF(1321)を対象に検証してみた。

 よく使われる移動平均線の25日線と75日線の検証結果が【図表1】だ。チャート上には買い(Buy)と売り(Sell)のポイントが表示されている。また、チャートの上にはトータル損益の推移が折れ線グラフで表示されている。

 【図表1】を見ると、最終的に現時点ではプラスだが、2001年〜2005年までは赤字続き、トレンドが大きく発生した時期は利益が出るが、もみあい相場が続くと損失が膨らんでいく様子がわかる。残念ながら一般的に使われる移動平均線のゴールデン・デッドクロスが有効な戦略だとは、とても言い難いようだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)