「うわっ…私の年収低すぎ…?」Tシャツも

写真拡大

夏休み、いろんな場所に出かけていると思うが、注目はディープな街・アキバ。カオスな街だけに、少し歩くだけでも思わず立ち止まらずにはいられない珍百景に遭遇する。シニカルなTシャツや、意味不明な看板など、ツッコミたくなる天然素材をご賞味あれ!

【写真を見る】銃器対策課のナゾの看板!

■ネットで見たことあるデザイン!

「うわっ…私の年収低すぎ…?」という、ネットをしていれば誰もが一度は目にするであろう文言と、猫のイラストが描かれたキャッチーなTシャツを発見!さすがPCの街。

■過激な銃器対策課の看板!

「ポップコーンは弾いてもいいですが、拳銃は弾いてはだめです。銃器対策課 弾丸玉子」。これは、「肉の万世」近くのポップポーン販売機にある過激看板の文言。イタズラすると銃撃される可能性あり!?

■2ch用語の名言Tシャツも!

事態が急変した時に使用する2ch用語を施した「笹食ってる場合じゃねぇ」Tシャツも登場。シンプルなモノクロデザインと、走るパンダのイラストがシュールさをアップさせている。

■神田消防署の萌えキャラ!

「地域とともに 安全で災害に強い街 神田をめざして」というスローガンを掲げるのは神田消防署の萌えキャラ「神田よくみ」ちゃん。ブルーのロングヘアが特徴の美少女だ。燃えるんじゃなく、萌えよう♪

■2番目!?

「秋葉原で2番目に安い店」という、その名の通り秋葉原で2番目に安い店がある。同店は、パソコン・周辺機器・バイク用品などを販売。謙虚さを忘れない商売人のかがみのような店だ。

他にも、POPだらけの宣伝好きなジャンク店や、ラーメン缶だらけの自販機など、気になるポイントが多数のアキバ。ディープワールドを是非、練り歩いてみてはいかがだろうか?【さらに詳しい情報は7月30日発売号の東京ウォーカー15号に掲載】