世界最速のワールドプレミア上映が決定した『ジンクス!!!』/[c]2013 ROBOT COMUNICATIONS INC.

写真拡大

人気K-POPグループT-ARA(ティアラ)のヒョミンが主演する映画『ジンクス!!!』(11月16日公開)が、第26回東京国際映画祭の特別招待作品として出品されることが決定。この上映は公開に先駆けてのワールドプレミアとなる。

【写真を見る】演技もこなす人気のアイドル“演技ドル”に注目!

本作は『君に届け』(10)の熊澤尚人監督と、『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)『タイヨウのうた』(06)などを手がけた制作会社ROBOTがタッグを組んだ完全オリジナル作品。韓国人留学生ジホ(ヒョミン)と日本人大学生の楓(清水くるみ)、雄介(山崎賢人)の3人による友情と恋を綴ったラブストーリーだ。お互いを思いあっているのに素直になれない楓と雄介を見かねたジホが、2人の恋が成功するようにと韓国式の恋愛成就の方法を指南。恋が実るまでの間、おせっかいなジホがどんな“恋のジンクス”を仕掛けるのか注目だ。

また、ヒョミンや清水くるみ、山崎賢人という日韓を代表する若手3人の演技にも期待したい。本作で日本映画初主演を果たすヒョミンは、これまでにドラマ「僕の彼女は九尾狐」や「千番目の男」、映画『寄生霊』(11)などに出演。主人公の妻役を演じた「階伯 ケベク」では2011年MBC演技大賞の新人演技者賞を受賞している。現在、歌やダンス、演技もこなすアイドル“演技ドル”として活躍中だ。清水は『桐島、部活やめるってよ』(12)や桑田佳祐と共演したCMで注目を集め、山崎は『麒麟の翼 劇場版・新参者』(11)やドラマ「35歳の高校生」などの話題作に出演。次世代を担う若手俳優3人によるフレッシュな演技と、息の合った掛け合いが楽しみだ。

なお、第26回東京国際映画祭は10月17日(木)〜25日(金)の期間、六本木ヒルズほかにて開催。今後、アジア各国でも公開を予定しているという『ジンクス!!!』。世界で一番早く鑑賞できるチャンスをお見逃しなく。【Movie Walker】