左から「お米」「トマト」「ほうれん草」

写真拡大

浅漬けなどを手がける野菜加工食品メーカーのアキモ(栃木・宇都宮市)は2013年8月1日、同市のレストラン下野農園と共同開発した栃木県産野菜のジェラード「Lo-alle(ロアレ)」3種を発売した。

乳・卵不使用なのになめらか

植物性乳酸菌で乳酸発酵させた野菜を原材料に使用し、「うま味があふれ野菜感たっぷりで深みのあるおいしさ」をつくりだした。アレルギーを引き起こす卵、乳などが含まれる7大アレルゲンに配慮したが、なめらかさやおいしさは損なわれていないという。

フレーバーは「お米」「トマト」「ほうれん草」の3種。

アキモ通信販売では3種各2個ずつ入った6個入りジェラートセットが2300円で、アキモ直販店とレストラン「下野農園」では各315円で個別販売している。